• 中川動物病院
HOME
病院案内

  • こんな時は大丈夫?
  • ワクチン
  • フィラリア
  • 避妊・去勢
  • ノミ・マダニの予防
  • 退院時のご注意
スタッフ募集
リンク
中川動物病院

中川動物病院

〒307-0007
茨城県結城市小田林立の山2520-13
TEL:0296-33-5097
FAX:0296-33-1421

当サイトの一部コンテンツをご覧になるには、FLASHPLAYERが必要です。 ご使用のパソコンに「FLASH PLAYER」がインストールされていない場合は下のイメージをクリックしてAdobe Systems社のサイトからダウンロードしてください。(無料)

ADOBE FLASH PLAYER
犬フィラリア症
犬フィラリア症は心臓に犬糸状虫という虫が寄生する、
 
とても怖い寄生虫疾患です。心臓や肺に繋がる肺動脈
 
に虫が寄生すると心臓のポンプ作用が弱くなり寿命が
 
短くなり苦痛を強いられるようになります。
感染

犬フィラリアの原因は蚊です。夏を中心にした暖かい時期に蚊に刺されることで感染します。
感染した犬の血液を吸った蚊に刺されることで感染しますが、犬同士の接触で感染する事はありません。
夏場の時期に何も予防しないと一夏で約40%の確率で感染する可能性があります。
屋外飼育の犬はもちろん室内でも蚊に刺される危険性は十分に考えられます。

症状

疲れやすく散歩を嫌がる
食欲減退、体重の減少
運動したときや興奮時に咳をする
運動後に失神してしまう
重症時には貧血・腹部が肥大する腹水
おしっこが赤い(血色素尿)
血を吐いて死亡することもあります

検査

血液検査を行います。
子虫の有無と免疫診断で確認することができます。
寄生数が少ない場合やオス虫単性寄生等の場合には、免疫診断で偽陰性になることがあります。
その場合X線、エコーにより検査することもあります。

予防

現在では月1回の飲み薬で予防ができます。
薬は顆粒、錠剤、お肉のチュアブルタイプがあります。
当院では5月末から11月末までの7回法を推奨しています。
(投与時期はその年の気温により変化しますので当院にお聞きください)

注意 感染を確認せずに薬を投与する事はやめましょう。
万が一、感染していた場合に薬を投与すると犬がショック状態を起す(最悪の場合は死亡する)場合があります。

価格表

●レボリューション : 1ヶ月1回分。 蚕、耳ダニ、回虫の駆除もできる皮膚への滴下型

2.5kgまで ¥1,300
5kgまで ¥1,400
10kgまで ¥2,000
20kgまで ¥2,500
40kgまで ¥3,000

●モキシデック錠 & 牛肉タイプ : 軽いフィラリア感染犬にも与えられます

3.7kgまで ¥600
7.5kgまで ¥800
15.0kgまで ¥1,000
30.0kgまで ¥1,700
68.0kgまで ¥2,800

●カルドメック錠 など : 予防薬のスタンダード

11.3kg〜22.6kgまで ¥1,400
45.3kgまで ¥1,800

●チュアブルタイプ など : 食べやすいお肉タイプで、牛肉素材・鶏肉素材があります。  腸内線虫の駆虫もできます。

5.6kgまで ¥700
11.3kgまで ¥1,100
22.6kgまで ¥1,800
45.3kgまで ¥2,200
56.6kgまで ¥3,100
68.0kgまで ¥3,600

●ミルベマイシン細粒 : 小型犬に顆粒薬。腸内線虫の駆虫もできます

2.5kgまで ¥600
5.0kgまで ¥700
10.0kgまで ¥1,000