• 中川動物病院
HOME
病院案内

  • こんな時は大丈夫?
  • ワクチン
  • フィラリア
  • 避妊・去勢
  • ノミ・マダニの予防
  • 退院時のご注意
スタッフ募集
リンク
中川動物病院

中川動物病院

〒307-0007
茨城県結城市小田林立の山2520-13
TEL:0296-33-5097
FAX:0296-33-1421

当サイトの一部コンテンツをご覧になるには、FLASHPLAYERが必要です。 ご使用のパソコンに「FLASH PLAYER」がインストールされていない場合は下のイメージをクリックしてAdobe Systems社のサイトからダウンロードしてください。(無料)

ADOBE FLASH PLAYER
ノミ
ノミの被害

・ いくつかの皮膚病の原因とされています
・ 瓜実条虫(サナダムシの一種)の寄生の原因です
・ 大量のノミ寄生では貧血をおこします。特に幼動物、老齢動物が被害に合います
・ 猫のヘモバルトネラ症の病原菌の媒介をする
・ 猫ひっかき病(人の病気です)の病原菌の媒介をする
・ 人も一時的に刺されます

どうやって寄生するの?

・ 散歩時やノミを持った動物からうつります
・ 家の中に持ち込むと大変です。室温が13度以上あればノミは十分にふえてしまいます
・ ノミは成虫が卵を産んでその卵がかえるまで約2週間です(夏場)
・ 毎日20〜50個の卵を産み続け、寿命は最長120日といわれています

見つける工夫

現在では月1回の飲み薬で予防ができます。
薬は顆粒、錠剤、お肉のチュアブルタイプがあります。
当院では5月末から11月末までの7回法を推奨しています。
(投与時期はその年の気温により変化しますので当院にお聞きください)


マダニ
マダニの被害

・ 皮膚病の原因になります
・ 犬バベシアという恐ろしい病気の媒介をします
・ 猫のヘモバルトネラ症の病原菌の媒介をする
・ ライム病の感染媒介(人も犬も感染します)をする
・ マダニはばい菌をたくさん持っています。爪でつぶさないでください

どうやって寄生するの?

・ 草むらの葉の先に付いていて動物が入り込むときに寄生します
・ 吸血をしながら脱皮を繰り返し、成ダニになります

見つける工夫

動物は頭から草むらに入りますので首より上の部分に多く寄生しています。
指の間や体も調べてあげましょう。吸血しているマダニは動きません。
2mm程度の幼ダニは血を吸いながら脱皮を繰り返しアズキ大にまでなります。
マダニはくちばしを皮膚に食い込ませ吸血しています。
しっかり固定されていますので無理に引っ張ると頭が残って取れてしまいます。
ゆっくり引っ張るなどの工夫が必要です。


治療と予防
・ フロントライン プラスというお薬がお勧めです。   ハジラミにも効きます
 
・ スプレータイプとスポットーオンタイプがあります
 
・ 哺乳類に安全で駆除効果はしっかりしています
 
・ ノミは24時間以内にマダニは48時間以内に駆除します

・ ジェネリック薬もございます

・ 即効性の内服薬も出来ました

持続期間

 
ノミ 2ヶ月 1ヶ月
マダニ 1ヶ月 1ヶ月