• 中川動物病院
HOME
病院案内

  • こんな時は大丈夫?
  • ワクチン
  • フィラリア
  • 避妊・去勢
  • ノミ・マダニの予防
  • 退院時のご注意
スタッフ募集
リンク
中川動物病院

中川動物病院

〒307-0007
茨城県結城市小田林立の山2520-13
TEL:0296-33-5097
FAX:0296-33-1421

当サイトの一部コンテンツをご覧になるには、FLASHPLAYERが必要です。 ご使用のパソコンに「FLASH PLAYER」がインストールされていない場合は下のイメージをクリックしてAdobe Systems社のサイトからダウンロードしてください。(無料)

ADOBE FLASH PLAYER

診療にあたり、院内では血液検査、レントゲン検査、超音波検査などを行っております。
臨床病理検査、細胞診検査等は外注になりますが
診断に必要な検査は数多くありますので手順など説明させて頂きます。

血液検査

当院では血液検査をすることができます。
血液検査をすることによって、糖尿病や腎疾患の早期発見・予防をすることができます。
大切な家族の命。
手術前の検査などにも使用します。

使用機器は以下の通りです。

( 1) 生化学検査 ( 2) 血球自動計算機
血球計算器
生化学の検査と電解質測定26項目を高処理に行う機器です。待ち時間を少なくするため導入しました。 赤血球、白血球、血小板などの検査を行う機械です。
(3) PT・APTT・FIB検査機器 (4) 糖化Hb・尿中Cre/Alb検査
手術をしたら血が止まらない。そんなことがないように、こちらの機器で手術の前に検査をして大丈夫であれば手術を行います。 bA1C測定は、糖尿病の犬の血糖コントロールの指標として非常に有用です。血中ブドウ糖値はその時だけの値ですが、A1Cは一定期間の状態を把握できます。また、尿中の微量アルブミンは腎疾患の早期発見、予防のため有用な検査項目として有用です。病状がまだ把握されていない初診の患者さんや定期的に来院できない患者さん、不安定型糖尿病の患者さんなどの糖尿病管理に使用します。但し、猫の検査はできません。
画像診断検査

こちらの検査は、見ただけではわからない
体の内部の検査を致します。

使用機器は以下の通りです。

(1) レントゲン検査 FCR (2) 超音波検査
超音波検査
デジタル化したレントゲン装置で常に安定した画質の画像を提供することが可能となり、部位・目的に応じた画像処理効果により診断精度の向上が図れます。 超音波で内臓の状態を調べる機械です。カラードップラーにより血液の流れや臓器の状態をリアルタイムに把握できる器械です。
手術関係機器

手術の際は、こちらの機器を使って行います。
使用機器は以下の通りです。

(1) アルゴンプラズマ電気メス (2) 炭酸ガスレーザーメス
従来の電気メスとは異なり、組織の電気的な特性や術者の手技に左右されずに常に安定した最高の臨床効果を発揮します。腫瘍の手術などに最適なものです。 自動的に脈管を閉鎖しながら手術できるので、術中の出血、術後の腫脹・疼痛が極めて軽減できます。蒸散可能で手術の範囲が広がります。
(3) 麻酔モニター  
 
手術中、患者の血圧、血中酸素濃度、呼気二酸化炭素濃度、麻酔ガス濃度、体温などを随時監視できる装置です。
麻酔時の安全管理に使用します